<キズ直し> リサイクルパーツ


中古パーツ(リサイクル部品)のすすめ

parts01自動車におけるリサイクルパーツは厳しい品質管理のもと、様々な修理・補修作業に利用されています。 外装部品においては、「ゆがみ」「へこみ」「小さなスリ傷」までも徹底的にチェックされ、機能部品に関しても点検項目に沿った厳しい品質チェックが行われております。

全国各地から集まる車両から外された部品は、詳細な車種型式ごとに仕分け管理され、注文に応じて即座に対応できる体制で取り組まれており、今や新品部品の管理にも劣らないものとなっております。昨今の省エネ・リサイクルブームも追い風となって、市場での流通も活発なものとなりました。

リサイクルパーツの現場では、適正な作業指示書に従い、丁寧かつ慎重な部品の取り外し作業が行われております。もちろん、全ての部品がリサイクルされるわけではなく、一定の基準により再利用可能な部品を中心に仕分けが行われます。

弊社は、国内最大のリサイクルパーツシステムを取り入れております。 お客様のご要望にスピーディーに対応できる体制で、外装パーツを中心に、リサイクルパーツを活用した高品質・低価格な修理代金をめざしております。parts02

外装パーツの他に、エンジン、トランスミッションなど、機能パーツにおいては厳しいコンディションチェックをクリアしたパーツも手に入りますので、お気軽にご相談下さい。

リサイクルパーツの流通において、近年、問題となる環境への配慮も十分に考慮されており、分解作業時にエアコン機器から漏れ出す使用済みフロンガスなども完全回収し、廃車両に残っている各種廃油なども、指定処理業者において100%回収いたしておりますので、リサイクルパーツを活用することでムダに環境を破壊することはありませんので安心してご利用頂けます。

parts04例えば、事故の衝撃でドアがへこんでしまったケース。へこみの大きさ具合やへこんだ箇所によっては、補修作業では綺麗に戻せないことがあります。この場合、「ドアの交換」となる訳ですが、あなたなら新品の部品で交換しますか?それともリサイクルパーツを活用しますか?

車種にもよりますが、もしも部品代金に2~3万円の差があったら、安いほうを選びたくなるでしょう。どちらも仕上度(復元度)が同じレベルならムリに新品部品にこだわらなくても・・・と思います。

車種や修理箇所によってはリサイクルパーツでは対応できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

One comment to this article

コメントを残す