<キズ直し> 修理レポート

≪修理レポート≫  スカイラインの変身

先日、電話でのお問い合わせがありました。 ご自分の愛車が長い間、駐車場で眠っていたので”コケ”まで生えて、白いスカイラインがしっかりと汚れているので、何とか甦らせてやりたいということなんです。

電話でのやり取りでしたので、現車を拝見してからご相談ということで後日、その注目すべき”スカイラインクーペ(GT-R仕様)”はやってまいりました。

確かに、愛車というには程遠い状態の”クルマ”でありました。 この”スカイラインクーペ”に相当の愛着と思い入れをもっていらっしゃることが話をしているうちに感じられました。最初は車体をポリッシャー研磨で従来のホワイトカラーに甦らせるということでしたが、いろいろイメージが膨らんできて、左右のサイドパネルにオプションパネルを”加工取付、各スポイラーの破損箇所を修復等々とご要望が増えてきたのです。

ネットで買い求め、自宅に温めて置いたその”サイドパネル”を取付けして、他のパネルのキズついたり、サビた箇所も鈑金塗装して大々的なリニューアル変身を図ろうといことになったのです。

※下記の「件数表示」よりすべての画像が表示できます。
スカイラインの変身 
DSC02469社外のサイドパネルを加工してクォーターパネルに取付ます。
DSC02471クォーターパネルに同化するように取り付けました。
DSC02481グラスファイバーを溶かして段差を埋める作業をしています。
DSC02483サイドパネルが一体化してきました。
以上で鈑金屋さんの作業は
終了して、これからは塗装屋さんのブースに移動します。
DSC02484サイドパネルのパテ塗りして
砥ぎこみ完了!!
DSC02494スポイラーの損傷個所も補修しました。
DSC02492これでスポイラーも新品同様になりました。
DSC02504塗装ブースで塗り上がりました。
DSC02508塗り上がった塗膜を磨き上げていきます。
DSC02519磨き上げ、取付も完了して
スカイラインの大変身が完成いたしました。!!

≪ 修理リポート ≫  愛車ジムニーの決断!!

※下記の「件数表示」よりすべての画像が表示できます。 ≪ 9画像あります。≫
DSCF4055右フロントからボンネットにかけてかなりの凹みとなっています。 自転車との接触でこれほどまでの損傷になるとは思ってはいませんでした。 (お客様のコメント)
DSCF4039ボンネットは結局、鈑金修理では修復できず交換となりました。
DSCF4035右フェンダーは鈑金/塗装でいけます。
フロント廻りが交換、鈑金等でかなり綺麗に修復されます。
そこで、ご提案申しあげました。 この際に全体に磨き&コーティーングをかけたらどうですか・・・・??と、
11年式 走行96,287km
ご年輩の女性のワンオーナーカーです。!!
昨年、11月に高額な費用を支払って車検を受けています。
DSCF4045昨日、フロントの修理の前に
全体の磨きに入りました。
ヘッドライトレンズ磨き、ナンバープレート錆びたビス交換、ウインドガラスのGPコーティングまで全てをおこないましたが・・・・・、
このワイパーアームのサビがいやに気なります。?
DSCF4048そして、左フェンダーに付いているミラーの白茶けたところももっと気になりました。??
いつもの身勝手な”ご提案”をしてしまい、お客様の”期待感”にプレッシャーを感じますが・・・・この”アクシデント”で11年式のジムニーを”新車”みたいに甦えらせた技です。!!
DSCF4005かなり気合を入れて、完璧に仕上がりました。!!!
DSCF4004ボンネットは中古パーツが九州で見つかり、フェンダーは板金塗装で凹みは何も無かったように・・・・
DSCF4010すべてを磨き上げ、ガラスコーティング(バリューガードⅡ)を施しました。!!
DSCF4011大変、喜んでいただきました。!!
お客様に、愛車との”ツーショット”いかがですかと・・・・、
快く収まっていただきました。 ハイ!!